keyvisual

ふたつのワークを擦り合わせて摩擦熱を発生させ、加圧することで、互いの組織を原子レベルで結合させます。異種材の接合も可能です。

摩擦圧接工法とは...

接合する部材を高速で擦り合わせ、油圧の押し込む力で接合させます。(固相接合)

摩擦圧接

maru3

つのメリット

no1
gradation

異種金属異種材の接合

摩擦圧接では異なる特性をもった材料を接合できます。 材料のもつ特性を必要分だけ使用し組み合わせることによって、高価&安価な 材料の組み合わせや他に無い部品の設計が可能となります。

tayo

設計の多様化

材料の組み合わせについては弊社で試作が必要となります、お気軽にご相談ください

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/3
cost

材料費の削減

高価な材料から削り出すよりも、必要箇所だけに使用できるので、コストダウンにつながります

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/2
no2
gradation

生産性の効率化

従来の切削加工のみでの工法と比較し、コストや時間を減らすことが可能です。 摩擦圧接により異外径を接合し、切削量を大幅に減らし、ほぼ形状切削工程のみとなります。

cost

材料費の削減

jikan

加工時間の短縮

sessaku
sessaku

press to zoom
bunkatsu
bunkatsu

press to zoom
sessaku
sessaku

press to zoom
1/2
keiryo

パーツの軽量化

onaji
onaji

press to zoom
keiryo
keiryo

press to zoom
onaji
onaji

press to zoom
1/2
01_no3.png
01_gradation.jpg

​接合結果に高い安定性と再現性

摩擦圧接機によるNC制御の接合(数値化されている)となりますので、 人によって仕上がりの良さが違うという事がありません。 接合できる設定条件、ワークの把握方法が摩擦圧接のノウハウとなります。 したがって、一度成功となればその接合の再現性は非常に高くなります。

yosetsu
01_i_koritsu.png

量産加工に適した工法

mura
mura

press to zoom
riso
riso

press to zoom
mura
mura

press to zoom
1/2

製品について

1/6

接合強度、耐久性に優れた摩擦圧接パーツは様々なシーンでニーズがあります

重 機

発電所

鉄 道

港 湾